不規則に食事を摂ったり、バランスのとれていない食生活を続けたりすることは、生活習慣病だけではなく、薄毛を引き起こす原因にもなります。

薄毛を予防、または改善したいとう人は、バランスのとれた食事を規則正しくとることはもちろんですが、発毛、育毛に必要とされる栄養素を豊富に含む食品をより多く摂取するようにするのが、重要となってきます。

薄毛を引き起こさない為には、抜け毛を防いで育毛を促進させることが不可欠で、タンパク質、亜鉛、銅、セレン等のミネラル、ビタミンC、ビタミンA、そしてビタミンB群、そしてビタミンEが必要な栄養素であると言われています。

これらの栄養素は、毛母細胞の細胞分裂を正常な状態に保ったり、太く丈夫な髪の毛を作ったりするのに欠かせない成分です。

同時に、育毛作用を持つ体内物質のIGF-Iを増やす効果がある食材も多くとると、より薄毛の予防、改善に役立つこととなります。

IGF-Iを増やす効果がある食材は、タンパク質やビタミンの他に、イソフラボンを含む大豆製品、ワカメ・ヒジキなどの海藻類、イカ・タコ等の海産物、カプサイシンを含むトウガラシ等です。

このようにIGF-Iを増やす効果がある食材は、意外と広範囲にわたっているので、忙しい時でも、手間をかけずに食べることができる豆腐、納豆、キムチを活用したり、七味唐辛子を適量使用したりと、簡単に摂取することができます。

また、IGF-Iは、夜間に増える物質ですから、上記の食材は、できれば夕食時に多く摂取したほうが、より効果を発揮するといえるようです。

女性の薄毛治療安心ガイドin東京